ブラックにも融資可能な金融会社を探すなら大手キャッシングは避けて中小消費者金融を当たるべき!

ブラック属性への融資は金銭の貸借取引で一度信頼を失った人が借主になりますから、メンツを保持すべく優良顧客を多く集めたい大手キャッシング会社にとってはなるべく避けたい客に該当します。

一方で大手クラスでない中小消費者金融は、大手キャッシングの審査で落とされたブラック属性の人も前向きに集客して経営を支えている面もあるので、膨大な借金をして多重債務になった人に対しても、有益な借入になるなら融資の面倒を見てくれます。

ただ中小消費者金融は大手キャッシングの適用利率と比較すると金利幅が大変狭く、下限利息も10%前半と高値の設定になってるのが注目ポイントです。

しかし大手キャッシングでは一切採用されていない自社独自の審査をしているので、これまで全く金融会社に融資の相手をされなかった人でも小口の借入ができる可能性は他より高いです。

ブラックでもフタバやアローの老舗の消費者金融を選べば、即日借入の相談にも柔軟に応じてくれますから、当日振込できる預金口座も前もって準備しておくとスムーズにお金が借りられます。

 

フリーローンの返済日は余裕を持って

フリーローンは融資条件に使途が決まっていないため、まとまったお金が必要な時、お金に困っている時に契約しやすいローンです。ただ使途が固定されていない分、自動車ローンや住宅ローンよりも高金利ですので、計画的に借りて計画的に返済をしなくてはいけません。

返済予定表を発行してもらったら、目立つ場所に貼っておいて残額をチェックしておくことです。返済予定表通りに返済すれば問題はありませんが、できればそれより早くに返済することが理想的です。1ヶ月でも早く返済が終われば支払う金利も少なくて済みます。

ボーナスで収入が多い時などにまとめて返済を進めれば、その分早く完済することも出来ます。フリーローンの場合、返済日が自由に決められることがあります。給料日の翌日などに設定しておくと、慌しくなりますので余裕を持って5日後あたりに設定しておくことがベストです。

これより遅い日に設定すると返済日までにお金がなくなってしまう心配もあります。一番忘れてはいけない日ですので、返済予定表の目立つ部分にでもしっかり書き込んでおくと良いですね。

 

キャッシングは無理のない金額で

クレジットカードのキャッシングの限度額は借りる人の収入によって違います。医者、弁護士などトップクラスの収入を得ていて信用がある地位の人は融資してもらえる金額も上がります。キャッシングのコマーシャルでよく聞くフレーズが「何日以内に返済すれば無利息」というフレーズです。

このシステムをうまく使えば自分の銀行からお金を借りるように比較的簡単にキャッシングでお金を借りることができます。給料日などが土日祝日を挟む時など、収入が入るのがちょっと伸びてしまう場合があります。しかし給料日になれば収入が確実入るので「1週間以内の返済で無利息」 というキャッシングを上手く利用することができます。

また更に他の会社で無利息の期間借りる、という風に自転車操業的に無利息で借りることも不可能ではありません。しかしそれは利息が無料になるだけです。借金がなくなるわけではありません。借りたお金はさなくていけないので借りる金額は返せる金額にすることが必要です。